デトックスというと何か特別なことをしなければいけないと思われるかもしれませんが、実際は、日常生活で行えることがたくさんあります。

バランスの良い食事と十分な水分補給を

食生活では、「脂っこい」「甘い」「アルコール」の3つの「あ」の摂りすぎに注意しましょう。

また、まとめ食い、早食い、夜遅い食事などは内臓に負担がかかるので避けた方が良いでしょう。

水分は1日に1.5ℓが目安です。
無糖のものをこまめに補給しましょう。

ちなみにアルコール類は水分には含まれませんので要注意です。

早起きを心がけ上手にストレス解消を

腸や肝臓などの内臓の働きや血行は自律神経によってコントロールされています。

春はその自律神経が乱れやすい季節なので、意識して整えましょう。

朝はいつもより早めに起き、ゆったりとした気持ちで散歩やストレッチなどを行いましょう。

うまく自律神経が切り替わることで心身がアクティブな方向に向かいます。

また、自律神経の乱れにはストレスが大敵です。

リラックスしている時は休息モードの副交感神経が優位になるので血行が良くなり、内臓の働きも活発になりますよ。

老廃物が溜まりやすくなるので身体の冷えにも気をつけましょう。

食卓に旬の野菜や山菜を

冬の寒さに耐えた春野菜には、栄養分がぎゅっと詰まっています。

春野菜には苦味のあるものが多いですが、その苦味の成分は「植物アルカロイド」。

老廃物を排出する作用があることがよく知られています。

昔から「春は苦味を盛れ」と言われる通り、春野菜は冬の体から春の体へとスムーズに移行するのに欠かせない食べ物なんですね。

他にも抗酸化力の高いポリフェノールやβカロテン、カリウムなど、健康に役立つ様々な成分が豊富に含まれています。

くるみ便りより

カテゴリー: Magazine

竹村 勝樹

くるみ薬局の薬剤師。昭和49年7月18日生まれ。蟹座のA型。奈良県出身ですが、今は山口県光市で妻と子供3人と猫2匹に囲まれながら暮らしています。趣味は読書と読書で得た知識をもとにアイデアを考えること。薬局らしくない薬局をモットーにこれからも地域の皆様に愛される薬局を目指して頑張ります。