脱水症予防に最適な飲料水とは?

夏になると注意しないといけないのが、脱水症です。

脱水症になると、必要な栄養素が体中に行き渡らなくなり、不要な老廃物を排泄する力も低下します。また、食欲不振などの原因にもなりますし、脚がつったり、手足のしびれが起こることもあります。

進行すると熱中症や熱射病を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもありますから、汗で水分や電解質を失いやすい夏は、脱水症を予防するための水分補給が欠かせませんね。

では、脱水症を予防するには、どの飲料水を飲めばいいのでしょうか?

脱水症の予防といえば、ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツ飲料、それに所ジョージさんが宣伝しているOS-1などの経口補水液が思い浮かびます。 

ポカリスエットとアクエリアス

どちらも水分補給では有名な飲料水ですが、含まれている成分に違いがあります。どちらかというと、ポカリスエットの方が体液に近く、カロリーも高め(100mlあたり、ポカリスエット:25kcal、アクエリアス:19kcal)です。

アクエリアスには、クエン酸やアルギニンなどの疲労回復に良い成分が多く含まれている特徴があります。

使い分けとしては、暑さにバテて体が弱っている時はポカリスエット、激しい運動の後の水分補給にはアクエリアスといった感じでしょうか?

スポーツ飲料と経口補水液OS-1

 経口補水液は、成分の組合せがスポーツ飲料よりももっと体液に近く、ナトリウムやカリウムなどの電解質も倍以上含まれており、かなり吸収が早いという特徴もあります。

ですので、経口補水液のOS-1は、普段飲みというよりは、脱水症の応急処置用として準備しておき、過度な発汗があり、すぐに水分や電解質の補給が必要な時に点滴の代わりとしてゆっくり飲むのがおすすめです。

ちなみに、夏はお腹を壊すことも多い季節ですが、嘔吐や下痢には、糖分が少なくて電解質が多く含まれているOS-1がベストです。

OS-1についての詳細はこちら

くるみ便りより


竹村 勝樹

くるみ薬局の薬剤師。昭和49年7月18日生まれ。蟹座のA型。奈良県出身ですが、今は山口県光市で妻と子供3人と猫2匹に囲まれながら暮らしています。趣味は読書と読書で得た知識をもとにアイデアを考えること。薬局らしくない薬局をモットーにこれからも地域の皆様に愛される薬局を目指して頑張ります。