こんにちは、
くるみ薬局の竹村です。

今日は僕の真ん中の小4娘の話です。

彼女は、とても純粋です。

 

例えば、

「お父さん、ディズニーB(ビー)はどこにあるん?」

と聞いてきたり、

 

猫アレルギーのあるお友達に
猫の絵を描いた年賀状を出そうとして、

「あっ、Aちゃん、猫アレルギーあるけど大丈夫かな?」
と心配してみたり・・・。

 

いつも楽しませてくれるんですが、
そんな彼女は今、スライム作りにハマっています。

 

今までお小遣いの使い道がなく取ってあった数千円を、
今はほぼスライムの材料
(洗濯のりやホウ砂、木工ボンドなど)
につぎ込んでいます。

 

Youtubeでいろんな作り方を研究して、
暇さえあればスライムを作っています。

 

出来上がった色鮮やかなスライムは
タッパやボウルに入れられて、
子供部屋のいたるところに置いてあり、
正直異様な光景ですよ。

 

そして、去年の12月。
娘が僕にこう言ってきました。

 

「サンタさんって洗濯のり持ってきてくれるかな?」

 

 

「・・・本当にそれでいいの😅」

 

サンタさんにまで材料をねだろうとするなんて、
何かにハマるってすごいですよね。

 

歳を重ねるにつれて、
これ程一つのことにハマることなんてありませんから、

 

なんか羨ましい気もしますね。

くるみ便りのウラより

ちなみにスライムの作り方はこんな感じです・・・


竹村 勝樹

くるみ薬局の薬剤師。昭和49年7月18日生まれ。蟹座のA型。奈良県出身ですが、今は山口県光市で妻と子供3人に囲まれながら暮らしています。趣味は読書、バスケットボール。薬局らしくない薬局をモットーにこれからも地域の皆様に愛される薬局を目指して頑張ります。