あなたは吸入治療薬で、

こんな間違いをしていませんか?

 

吸入治療薬は、喘息の治療はもちろん、風邪の後の長引く咳やのどの炎症を鎮める目的で最近よく使われています。また、インフルエンザの治療薬にも吸入のお薬があります。

これらのお薬は、のどから気管支にかけて限定した場所にしか薬が届かないため、あなたが全身の副作用を心配することがとても少なくて済みます。
そして、あなたの咳のもとになっている炎症やインフルエンザウイルスの繁殖を抑え、十分な効果を発揮してくれる非常に優れたお薬です。

ただ、飲み薬と違って、使い方を間違えると薬の効き目が落ちてしまい、病気が治らないということになりかねません。

吸入治療薬は今後も幅広く使われると思いますので、使用したことのあるあなたも現在使用中のあなたも、そしてまだ使ったことがないあなたもこちらのページで確認してみてください。

もしあなたが吸入治療薬を長期間使用していて使い方は問題ないと思っていても、知らぬ間に自己流になって、効き目が落ちる使い方になっている場合もあるので要注意です。

使い方が分からなかったり、忘れてしまったり、正しいかどうか不安があるときは、くるみ薬局の薬剤師にいつでも確認してください。

吸入治療薬一覧

(五十音順)

アドエアディスカス

あなたが喘息だったり咳が長引いてなかなか治らない時などに使う吸入治療薬です。

コメントなし

シムビコート

あなたが喘息だったり咳が長引いてなかなか治らない時などに使う吸入治療薬です。

コメントなし

パルミコート

あなたが喘息だったり咳が長引いてなかなか治らない時などに使う吸入治療薬です。

コメントなし

フルティフォーム

あなたが喘息だったり咳が長引いてなかなか治らない時などに使う吸入治療薬です。

コメントなし