10月第3週は、
「薬と健康の週間」です。

これは医薬品を正しく使用することの大切さ、
そのために薬剤師が果たす役割の大切さを
一人でも多くの方に知っていただくために
積極的に活動する週間です。

そして、今年山口県が力を入れて取り組むのが、
あなたのご自宅の薬の断捨離!です。

お薬はいつ必要になるかわかりません。

もしあなたに小さなお子さんがいらっしゃるなら、
いざ熱が出た時にお子さんの苦しみを少しでも早く
取り除いてあげたいとの思いから
予備のお薬を持っておこうと考えるのは当然のことでしょう。

いざという時に必要なお薬を迷うことなく
安心して利用できるように整理しませんか?

薬剤師は何を隠そう、薬の専門家です。

錠剤やカプセルはもちろんのこと、
混ざっている粉薬やシロップでも、
その見た目や匂い、
味などの情報で一般的なお薬のほとんどを
見分けることができます。

逆に薬剤師が判別できなかったお薬を飲むことは
あまりお勧めできませんね。

もし、あなたのご自宅に・・・

    • いつか飲むかもしれないと仕舞ってあるお薬
    • だいぶ前にもらったけどまだ飲めるのかわからないお薬
    • いつももらっていたらいつの間にか沢山余っているお薬
    • 調子が良くなったので途中でやめてしまったお薬
    • 封が開いているが、まだ残っている軟膏や目薬

     

    などがあるのでしたら、
    この機会にかかりつけの薬局で鑑定してもらってください。

    残念ながら買い取ることはできませんが、
    一度整理しておけば、
    いざという時が来ても慌てることがありませんよ。

    もちろん鑑定代は無料です!

    くるみ便りのウラより


竹村 勝樹

くるみ薬局の薬剤師。昭和49年7月18日生まれ。蟹座のA型。奈良県出身ですが、今は山口県光市で妻と子供3人と猫2匹に囲まれながら暮らしています。趣味は読書と読書で得た知識をもとにアイデアを考えること。薬局らしくない薬局をモットーにこれからも地域の皆様に愛される薬局を目指して頑張ります。