血液型によって体に合う食べ物が違うというのは知っていましたか?
その理由は、血液型が違うと体質が違うからだと言われています。
特に胃腸の働きににはそれぞれ特徴があって、
血液型別にオススメの食べ物や逆に避けた方が良い食べ物があるんですって。

なぜかダイエットがうまくいかないなと感じた時には、
ぜひ参考にしてみてください。

A型のあなた

胃酸が少なく動物性のタンパク質を消化するのが苦手ですので、
いわゆる和食がオススメです。

野菜類や果物、魚、大豆類、肉の中では鶏肉などを中心に食べることで
痩せやすい体が作れます。逆に、赤身の肉や貝類、甲殻類、乳製品などは
多く食べると体に負担がかかりやすいようです。

B型のあなた

消化酵素の分泌が活発なので色んなものを食べることができる血液型です。
赤身の肉や魚、緑黄色野菜、乳製品などが適しています。

どちらかというと控えた方が良いのは、
鶏肉、小麦製品、そば、ナッツ類、揚げ物系などですが、
B型の方はなんでも食べられるだけに食べる量に注意が必要ですね。

O型のあなた

動物性タンパク質を消化しやすいので、
赤身の肉や魚が特に適しています。

ダイエットの時にこれらの食材を抜くと体調を崩しやすいので注意が必要です。
また、合わない食材も多くて、小麦製品や乳製品、それに炭水化物の多いものは
ダイエットの妨げになりやすいようです。

主食を減らすと適正体重に近づきやすいかもしれません。

AB型のあなた

A型とB型の特性を兼ね備えているので、
どちらにも共通する魚類が相性抜群です。

他にも大豆製品や低脂肪の乳製品、野菜が適しています。

合わない食材も少なくて鶏肉や加工肉、うなぎやそばなどですが、
基本的にはバランスが大事です。

少量の食事を回数多く食べるのが向いているので、
どか食いはご法度。断食も向いていません。

どの血液型でもダイエットのためだけでなく、
健康維持のためにもあなたに合った食生活を心がけましょう!

くるみ便りのウラより

カテゴリー: BookMagazine

竹村 勝樹

くるみ薬局の薬剤師。昭和49年7月18日生まれ。蟹座のA型。奈良県出身ですが、今は山口県光市で妻と子供3人と猫2匹に囲まれながら暮らしています。趣味は読書と読書で得た知識をもとにアイデアを考えること。薬局らしくない薬局をモットーにこれからも地域の皆様に愛される薬局を目指して頑張ります。