ナゾネックス点鼻液

56噴霧用・112噴霧用

 

あなたが花粉症などのアレルギー性鼻炎で鼻水が出たり、鼻が詰まっている時に使用する点鼻薬です。

「モメタゾンフランカルボン酸エステル」というステロイドで、
あなたの鼻水や鼻詰まりがひどいときだけ使用する点鼻薬ではなく、
定期的に使用することで鼻水や鼻詰まりが起こりにくい状態にしてくれます。

ステロイドですが、全身への影響は少なく、お子様や妊婦、授乳婦の方でも使用されることが多い点鼻薬です。

成人は、1日1回 各鼻腔内1回2噴霧、12歳未満の小児は、1日1回 各鼻腔内1回1噴霧
で丸一日効果が期待できます。

点鼻液を使用する時のよくある間違いとは?

使い方はいたって簡単ですが、一つだけよくある間違いをしてしまう場合があります。
それは、各鼻腔内に2噴霧する時、2回連続で同じ鼻の穴に噴霧してしまうことです。

ナゾネックス点鼻液は、噴霧する液量はかなり少なく設計されていますが、それでも2噴霧連続すると
中に入りきらず、前に流れ出てきます。
そうすると、もちろん期待された効果は表れません。

それと、吸い込みすぎにも注意です。

要は、噴霧した液体がどれだけ鼻腔内にとどまるかが大事です。

2噴霧は必ず交互に行ってください。
そして、垂れてきそうになった場合は、少し上を向いて中に流し込んでください。
そうすれば、もっと効果が出て、鼻水や鼻づまりのために辛い思いをしなくて済むようになるかもしれません。

ですので、あなたがもし点鼻薬ってあんまり効かないなとか、
点鼻薬を使うと鼻水みたいに液体が垂れてくるから嫌いと感じていたら
もう一度使い方の用紙を確認してみてくださいね。

もし、手持ちの説明文書をお持ちでなければ、こちらからダウンロードしてすぐに確認できます。

ナゾネックスの指導せん


竹村 勝樹

くるみ薬局の薬剤師。昭和49年7月18日生まれ。蟹座のA型。奈良県出身ですが、今は山口県光市で妻と子供3人に囲まれながら暮らしています。趣味は読書、バスケットボール。薬局らしくない薬局をモットーにこれからも地域の皆様に愛される薬局を目指して頑張ります。