エキナセア

もし、あなたの免疫力がダウンして体力も落ち、
何度も繰り返し風邪やヘルペスを患って人前に出るのも辛いならこのハーブを飲んでみると良いでしょう。

エキナセアは、調子の悪いときに飲んで、
調子が良くなれば飲むのをやめるようにしてください。

連続して飲むとしても1ヶ月が目安です。

長めに淹れると渋みが出るので
蒸し時間は2分程度で十分です。

でもちょっと濃いめの渋みが好きで
緑茶も濃いものを飲んでいるなら5分くらい蒸らしてから飲むと美味しく飲めますよ。

ただし、あなたがリウマチや膠原病などの進行性の自己免疫疾患を患っている場合は、
このハーブは避けましょう。

特徴

キク科
Echinacea purpurea
Echinadea angustifolia
Echinacea palida
英名:Echinacea,Purple coneflower
和名:ムラサキバレンギク

  • 北アメリカ原産の多年草。
  • 盛夏から初秋にかけて開花する。
  • 「インディアンハーブ」と呼ばれ、北米の先住民族が蛇のかみ傷、虫刺されや傷の手当など、万能薬として使っていた。
  • 天然の抗生物質と呼ばれ、免疫を高める効果が注目されており、感染症への適応が研究されている。
  • 免疫賦活作用・抗アレルギー作用・抗真菌作用・抗菌作用があると言われている。
  • 風邪、インフルエンザの予防としてハーブティーやうがいに用いられている。

※ハーブについての説明は、一般的な内容です。実際は、個人差があり、すべての方にご説明通りの効果が期待できるとは限りません。また、ご利用開始後、お体に合わない場合は直ちにご利用を中止していただきますようお願いいたします。


竹村 勝樹

くるみ薬局の薬剤師。昭和49年7月18日生まれ。蟹座のA型。奈良県出身ですが、今は山口県光市で妻と子供3人と猫2匹に囲まれながら暮らしています。趣味は読書と読書で得た知識をもとにアイデアを考えること。薬局らしくない薬局をモットーにこれからも地域の皆様に愛される薬局を目指して頑張ります。